2009年06月22日

REPORT 81 では理念とは 

 
 何のために僕は起業したのか。
 
 資金繰りなどに困ってくると、こういった根本的なことを見失ってしまいがちになります。
 間違っても、僕は食うために起業したのではありません。
 単に食うためならば、贅沢しない僕にしてみれば前の職場でも十分だったのであります。
 
 それではどうして起業したのか。
 
 自分として最大であるため、つまり、自分の限界に挑戦するためであり、
 そして、理念を実現するためです。
 
 では理念とは。
 
 今まで培ってきた能力を、人のために役立てたい。僕を必要とする誰かの力になりたいということです。
 きれい事に聞こえるかも知れませんが、やはり僕はそのスタンスを変えるわけには行きません。
 ただ単に儲けるためならば、僕ではない誰かがやればいい。
 僕は僕にしかできないことをしなければならないと、そう本気で信じているのです。
 
 逆を言えば、そのスタンスである限りは間違いない。
 堂々と振る舞うことができるし、誰とでも対等以上に渡り合うことができる。
 すなわち、負けることはない。
 
 そういった意味において、今の僕に後ろめたいことは何一つありません。
 未だ事業は軌道に乗ってはおりませんが、こうして一つの嘘も後ろめたさもなくなったということで、本当の意味での独立を勝ち得ました。人生において、これは初めてのことかも知れません。
 おそらく多かれ少なかれ誰もがそうでしょうが、今までの僕は何らかの嘘で固められており、自己嫌悪にまみれておりました。それが、今の段階で全くなくなったのです。
 僕は手に入れられるかどうかは別として、ほしい物をほしいと言え、好きなものを好きだと言える、本来の意味での自由を手に入れました。と、同時に、それと同じ規模の恐怖を背負うことになりました。
 
 自由を手に入れるためにはどうしてもリスクが生じます。
 そして、そのリスクを徐々に楽しめるようになりました。
 まさに生きるか死ぬかの勝負であり、その背水の陣において、自分として最大でいられる。
 これを喜びと感じられるようになったのです。
 
 更に人事を極限まで尽くし、あとは当然のように天命を待つのみ。
 
 僕と仕事を一緒にされる方は、僕を信じてもらってかまいません。
 そして、僕も僕自身を信じます。 
posted by 発起人 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29998989

この記事へのトラックバック