2009年05月29日

REPORT 74 精神的M

 昔々、阪神タイガースがそれはそれは弱かった時代、僕は阪神ファンの級友に対してこう言いました。
「なんで弱いところをあえて応援するんだ? 負けるのを観て気持ちいいの? おまえ、精神的なMなんじゃないか?」
 巨人ファンだった当時の僕と、阪神ファンだった彼とは、無論、大げんかになりました。
 おそらく、その級友が僕に、巨人は金で選手を集めてどうの、と言ったのに対する売り言葉に買い言葉的なやりとりだったように思います。
 でも、今はわかります。
 故郷の宮城に楽天ができてからというもの、負けても負けても応援する人の気持ちはわかるようになりました。その後、、阪神も楽天も野村監督によってとても強くなりましたが。
 僕は自分をドSだと思っておりました。
 けれども、去年あたり、バイトの子にこう言われたのです。
「みうらさんって、Mですよねー。自虐的だし」
 その時はこう言い返しました。
「んなわけないじゃん! おれ、正真正銘のドSだよー」
 と、笑いながら言いつつも、どこか引っかかっていた僕はちょうど元カノから電話きていたときに、そういえばさ、と聞いてみました。
「おれって、Sだよね?」
 電話の向こうで少し間があって、元カノはまるで重大な病気を宣告するかのように言いました。
「あのね、自分ではSだと思っているようだけど、みうらくん、Mだよ」
 え? まじで?
 まるで自覚症状がなかったわけでございます。
 あ、おれってMなんだ。そうか、Mなんだ。
 何となく虚脱するような落胆がありました。
 それでまた、同じバイトの子が一昨日あたりの電話で言ったのです。
「みうらさん、Mですよねー。回りの人に聞いてみてくださいよ」
 わかってる。もう、回りの人に聞いたから。
 そう、おれはMなんだ。
「言っておきますけど、私はSじゃないですからね。Mでもありませんから、Nです」
 N? ニュートラルのN?
 すごい。面白い。真ん中は車のマニュアル・ギアみたいにNというのか。
 そう変なところで感心したのでした。
 
 何を言いたいのか。
 別に僕は自分の性癖を告白しているわけではございません。あくまで「精神的」なSかMかという話です。
 やはり、僕は精神的なMだ、と昨日今日で完全に実感しました。
 それと言うのも、僕は自分がふらふらになるまで自分ががんばらないと、自分が許せないことに改めて気付いたからでした。
 思い返してみれば、というか、このブログを今年の初めまで辿ってもらえればわかりますが、僕の去年の悩みはいかにして生活の中に「ゆとり」を取り入れるか、ということでした。
 去年を振り返るに、1秒たりとも後悔する時間はありませんでした。同じように2008年が始まったとしても、全く同じように2008年を過ごせる自信がないというほどに、徹底して目標を貫徹いたしました。達成率、実に100%。
 それ故に、夏場は若干体をこわしてしまいました。それで、今年は「7%のゆとり」を取り入れて、残りの93%をより輝かせようと挑んでいたのでしたが、最近の僕は93%どころか、70〜80%の達成率で過ごしていたのでした。
「どうした、おれ?」
 去年の自分が見たらきっとそう言ったことでしょう。
 それが、まだ昨日・今日と二日間なのですが、100%目標を達成し、ふらふらとなり、去年のあの感覚を完全に取り戻したのでした。
 そのふらふらとした感覚が、実に気持ちがいいのです。
 ふらふらとして初めて生きた心地がするというか、これだよ、この感覚だよ、と僕は失っていたものを取り戻したのでした。
 つまり、それこそがまさに精神的M。
 どうやら、極限まで頑張り、ふらふらになっている状況が、僕にとって何よりの喜びであるらしいのです。
 このタイミングで、この感覚が取り戻せて、本当に良かった。
 明日は行政書士の登録式で、これから極端にまた忙しくなります。
 それがうれしくてたまらない。激務よ、来い! どうか、来てください!
 まさに、精神的Mでございます。
 こうなれば、無敵でございます。心配かけた皆様、申し訳ございませんでした。
 これからが、本領発揮でございます。
 
 
 今日はS社長様、またランチにお誘いいただきありがとうございました。
 実に興味深い提案をいただき、本当にありがたく思っております。
 確かに、社長の提案をそのまま受け入れれば、当社の経営は一気に安定します。そして、僕にも時間的なゆとりができる。そして、当社のサービスを多くの皆様に広めていただくことができる。
 6月15日まで、入念にシミュレーションを繰り返し、返答いたします。
 それにしても、当社が提供するサービスをそれほどまでに買っていただき、改めて自信を持った次第であります。
 そして、何より、
 「みうらくんがやろうとしていることは、本当にいいことだから、応援したいんだ」
 との社長の言葉がうれしかったです。
 
 それと、そのランチの際、本当に偶然、隣の席に居合わせたUさん、メールでも言いましたが、びっくりしましたね(笑)。
 お互い、「あれ? 何してるの?」とフランクに話せる状況ではなかったので、その場では失礼しましたが。池袋、広いようで狭いんですね。それと、もう日付が変わりましたね、お誕生日だそうで、おめでとうございます!

 
 あれこれとりとめなく書いているうちに、お風呂がいっぱいになった様。
 さ、風呂入って、寝るぞ!
 明日も、フルスロットルでがんばるぞ!
 
 いや、このふらふらした感覚、たまらない、とMっぷりを確認しつつ、鼻歌をうたっている次第でございます。
posted by 発起人 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29439067

この記事へのトラックバック

人気の復縁マニュアル『10,253名が成功した復縁ガイドブック』について要点を解説
Excerpt: ほんの少しの勇気が出せたから  また幸せになれたのです  あなたは今なら取り戻せる大切な(彼氏・彼女)を諦めますか?
Weblog: 10,253人が成功した 復縁ガイドブック
Tracked: 2009-05-30 12:37