2009年05月05日

REPORT 63 風林火山でいこう

 『天地人』を見ているせいか、最近頭は戦国モードでございます。
 阿部寛扮する上杉謙信の「議」に共感し、信長の強さに憧れ、彼らのライバルであった武田信玄晴信に思いをはせる。
 その武田信玄の旗印になっているのが、ご存じ「風林火山」です。
 「其の早きこと風の如く、其の静かなること林の如く、侵略すること火の如く、動かざること山の如し」
 元々は中国の古典『孫子』からの引用と言いますが、理屈がわかったとしても、実践するのは実に難しいことです。逆にこれを実践することができれば、起業はうまくいくのではないかと思います。
 この中でも最も難しいのは、たとえば大企業などで不況の際に動くべきではない局面というものがあります。その時に「山の如く」動かないでいることは、案外難しいのではないでしょうか。悪いときほどもがこうとし、それで余計に傷口を広げてしまうこともあるでしょう。それを見極め、必ずくる晴れの時を待つという、先見性が必要となります。
 その逆、「火」のくだりも難しい。
 侵略すること火の如し。
 やろう、やろうと思っても、結構尻込みして攻めきれないという場合が、多々あると思います。火の如く一気に攻め上げるというのは、相当の勇気を要します。
 
 さて、今の僕ですが、まさにこの「火の如く」一気に行かなければならない局面にあります。
 昨日の夜、ようやくインターネット・トロイカ計画の第一次改装が一段落し、準備の大きな山場を超えました。
 東京プライズエージェンシーの初期財務基盤を支えると見込んでいる、『未来に贈る自分物語』の総合ホームページも形としてできあがり、またメールマガジン版『未来に贈る自分物語』も滞りなく発刊となりました。
 インターネットの環境が整い、パンフレットができと武器は徐々にそろいつつあります。
 つまり、後は全力で攻めるのみ。依頼人獲得のために、本格的な営業活動に入ります。
 
 これをご覧の皆様にも、起業のあいさつもかねて、パンフレットなどを送付させていただくと思います。お忙しいとは思いますが、どうぞ、一度中身をご覧下さい。そして、できればご意見などをいただければと思っております。
 また、メールマガジン版『未来に贈る自分物語』の方への登録もよろしくお願いいたします。
 月に二回、メールマガジンとしてパズル式自分史作成キットをお送りいたします。無料ですので、お気軽に登録ください。下のフォームからホームページに行っていただき、メールアドレスを登録していただければ、配信されます。
 同時期に発刊されるメールマガジンでの新着発行部数ベスト3を狙っていますので、できるだけ多くの皆様にご協力いただけますよう、お願いいたします。
 
 
メルマガ登録・解除ID: 0000289621
未来に贈る自分物語〜パズル式自分史組み立てマガジン
登録 解除   
バックナンバーpowered by まぐまぐトップページへ


 ここ一週間ほどこのブログを更新できなかったのですが、その間、様々なことがございました。
 故郷、宮城での営業の際にお時間をいただきました多くの皆様、またあいさつ文、パンフレットを送られていただきました皆様、本当にありがとうございました。
 仙台住吉台のSさん、TスポーツのT夫妻にはいつもの事ながら、応援していただき、ありがとうございます。
 また、高校時代の同級生諸君、本当にありがとうございました。飲み会も、楽しかった。終電が夜8時57分でしたので、長くいられなかったのが残念でしたけど(笑)。
 特にS君には感謝いたしております。事前に仲間にもサービスの内容を伝えていただき、またお父様の店にもパンフレットを置かせていただくことになり、持つべきものは友人だと改めて思った次第でございます。お母様にもよろしくお伝え下さい。K屋のH君のところには、僕の方からパンフレットなどを送付させていただきます。これからも、よろしくお願いします!
 また、S君からの公共事業に関する政治的な提言につきましては、明後日、政治家を目指しているP社のI君と会いますので、その時にでも可能性を話し合ってみようと思います。僕としてはとりあえず、一つの方針ができました。いつか、このブログでも公表できればと思っています。
 あと就職活動中のNさん、僕が助けなければならない立場なのに、いつも助けてもらってすみません(笑)。あの電話で元気が充電されました。
 それと、仙台のKさんには朝早くから電話で失礼しました(笑)。
 さらに、M社のMさん、土曜日、急遽相談に乗っていただき、ありがとうございました。あれでだいぶすっきりいたしました。明日もデザインについて、助言よろしくお願いします。
 また、実家のみんなの協力にもいつも感謝しております。
 
 こうして振り返ると、いつものことながら、皆様には助けられております。
 皆様の応援があるからこそ、頑張れるのだと思っております。
 これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

  
  株式会社東京プライズエージェンシー ホームページ
   http://tokyoprizeagency.com/


 

posted by 発起人 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28878732

この記事へのトラックバック