2009年03月25日

REPORT 48 半ば呆然としてビルを見上げる

 慌ただしい日々が続いております。ブログを更新する暇もないほどです。
 ですが、それだからこそ、書くべきことが積もりに積もってしまうものなのです。実に、皮肉な話ですが。
 
 前回お約束した通り、今日は先週の法務局でのこと、そして昨日の公証役場でのことをお話し致しましょう。
 僕は現在、池袋に住んでおりますので、会社設立の登記をしようとすれば、管轄は東京法務局豊島出張所ということになります。ここの担当官の方が実に親切で、また話すのが楽しくもありました。本当に親身になって聞いてくれ、さらに丁寧にご指導いただき、僕としては助かりました。
 会社設立を考えておられる方、または遺産相続などで不動産登記をしなければならない方には、是非、一度法務局に相談に行かれることをおすすめ致します。公的な機関ですから、もちろん、相談料も無料です。ただし、会社設立に関しては会社法などの知識がないと建設的な話ができないのでご注意ください。書店にいけば、会社の作り方、など書籍が多数並んでおりますが、会社法的な知識まで十分にそれでまかなえるかと言えば、そうではありませんので、真剣に会社を作ろうと考えておられる方は、やはり行政書士や司法書士などの専門家に相談された方がよいでしょう。間違ってもそれらの書籍やインターネットに載っている定款のひな形だけを頼りに会社を設計すべきではありません。専門家に相談するのは確かにお金がかかりますが、投資すべき所は投資するというスタンスは絶対に必要です。その費用が後々の効率化に間違いなくつながるからです。
 さて、法務局でのこと。
 ここで問題にされたのは、「事業目的」についてでした。東京プライズエージェンシーは全く新しい形態の事業の展開を考えておりますので、僕が見てもらった「事業目的」では、登記の前例がないということでした。
「それはつまりどういったことをする会社なのでしょうか?」
 そう問われ、僕は法務局においてもいつものように情熱的に語りました。 
 その熱意が伝わったのか、法務局の方が何人か集まってどうすれば登記できるか、検討してくれました。それでうまい方法を考えてくれたのです。 いわゆる「企業秘密」的なことなので、ここに詳しくは書けませんが、要はその事業目的自体をいくつかに分解して、結果的にその業務を遂行しても法的に問題ないところに落ち着かせてくれたのでした。これならいける、と本当に親身になって考えてくれ、設立日についてもカレンダーで調べて、大安の日がいいよ、などとアドバイスもしてくれました。また、設立日前に書類をそろえてもう一度来てくれれば不備がないか事前に確認する、とも言ってくれ、法務局からの帰り道は実に朗らかな気持ちになっておりました。
 アドバイス通りに定款を作り直し、昨日は認証を受けるために池袋公証役場に行って参りました。ここでも担当の方が実にいい方で、迅速に対応していただき、大いに助かりました。
 僕の場合、通常の現金振り込みによる出資の方法以外に、現物出資という方法をとって資本金を形成しているために、通常の手続きとは異なった方法で定款なども作らなければなりません。これのやり方について、公証人およびそのスタッフの方に、実に合理的なやり方を教わり、経費的にも削減することができました。しかも一度オフィス(と言っても住居兼)に帰って新たに指摘箇所を直さなければならなかったのですが、FAXで流してくれればそれを確認して電話してくれるとのことだったので、すぐに修正案をFAXしました。すると本当にすぐに電話をくれて、これで問題ないとのことだったので、改めて製本して公証役場に向かったのでした。こうすることによって何度も公証役場とオフィスを往復する手間と労力が省けたのです。
 事前に電話でオーケーをもらっているとはいえ、認証をまつ間は若干緊張致しました。それで公証人の方の認証のサインを頂き、公証役場用の定款を受理して頂いたときにはほっとしました。とりあえず、会社が認められたのだとうれしくもありました。
 今日までに登記に必要なすべての書類が整いましたので、次はまた法務局でチェックを受け、ついに登記、つまり会社設立ということになります。これまで滞りなく予定通り順調に進んでおります。
 区役所に行ったり、法務局に行ったり、公証役場に行ったり、銀行に行ったりと、池袋中をぐるぐる回っている内に、怖いくらいに巨大なこの街にも次第に慣れてきました。それでも、田舎者である僕は時折、ビルを見上げてしまうのです。
 なんてすごい所にいるんだと、半ば呆然としてビルを見上げる日々。見上げるたびに、よし、やるぞ、とやる気が沸いてきます。
 今こそが自分が何者であるかを証すべき時であり、自由という名の恐怖を克服すべき時です。
 人として生まれてきたからには、このチャンスを活かす他ないでしょう!
 
 
 池袋のオフィス兼住居もようやく落ち着きました。引っ越しの際に出て、山のようになっていた段ボールもゴミもなくなり、すっきりいたしまいたので、是非、皆様池袋にお越しの際はお立ち寄りください。
 早速お越し頂いた皆さん、ありがとうございました。高校時代の友人であるKさんとE君とは近くで飲み、久々に盛り上がりました。四月中旬に予定通り「E会」を開催されることを楽しみにしております。

 P社のI君とは初めての家さし飲みだったのですが、いや実に楽しかった。次の日早くから仕事だったのに、遅くまでつきあってくれてありがとうございました。
 美容師のOさんとは昨日から今日にかけて、本当にどれだけ話したでしょうか。やはり僕らは親友なのだと改めて思いました(笑)。今度は本当に妹のSさんやお母様もご一緒にいらしてください。

 稽古の忙しい合間に来てくれたMさん、今度はゆっくり話しましょう。僕が田舎から帰ってきたら、本当に頻繁に来てもらってオーケーです。
 招待が遅れてしまいました皆様については本当に申し訳ございません。このような日々ですので、ご容赦ください。四月に入りましたら、東京に戻りますのでそのときには是非お越しください。遠慮なく連絡ください。
 さて、明日は法務局でのチェック、そして明後日から一週間ほどは田舎の方で仕事です。それでも田舎に帰れば少しは休めるかな、と思っております。
 お越し頂いた皆さんとの話は実に刺激的で面白い内容だったので、次回詳しく書かせていただきます。

posted by 発起人 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27848043

この記事へのトラックバック