2008年12月13日

REPORT 10 予測不能の化学反応

 昨日はたくさんの皆様、お集りいただきまして本当にありがとうございました。
 ”SIGRE−HIKO”について、うまく説明することができず、後悔しきりでございます。修正すべき点は早急に修正し、さらに面白い構想にまとめあげることを皆様にお約束いたします。最近の急加速で、3年で出版社の方々に相手にしてもらえる組織にする、という目標を完全に忘れ去って驕っていたきらいがあったように反省しております。本当にさまざま勉強になりました。
 その一方で、時間いっぱいまでいろいろな方面の話で盛り上がっていましたね。それについて大変うれしく思っております。
 S教授とH出版のA君の運命的な出会い(笑)、M社のMさん、O出版のFさんを中心とする学生さん達の、男子禁制のまとまり(異様に盛り上がっていたので、何を話していたのかとても聞きたかったです)、それに僕についてはAさんとY君との技術的な話、恐るべき知識量をほこるO出版のHさんとY先生の、業界についての話など、予測不能の化学反応が随所で発生していてそれぞれすごいエネルギーを発しておりました。
 二次会につきましては、出版社の皆さま方と終電ぎりぎりまで大いに盛り上がりました。宇都宮まで行っていたのに、2次会から参加してくれたP社のIさん、本当にありがとうございます。2次会の内容につきましては、本当はここに書いてしまいたいくらいにとても面白かったのですが、O出版のHさんと完全にオフレコで、との約束でしたので、残念ながら詳細は書きません。とにかく、とんでもない数の引き出しを持ち、頭脳明晰なHさんの実に人間らしい面が見られて本当に楽しかったです。やはり、関根勉は理想です(笑)。それにH社のA君については相変わらず面白かったです。A君にはできれば、やはり彼を圧倒するほどの若いエネルギーをぶつけてみたいですよね。どんなことが起きるか見てみたいです。次回はご期待ください。また、2次会の会場を設定してくれた、Uさん、アルバイトご苦労様でした。そして、ありがとうございます。僕らが盛り上がりすぎていたせいで、入ってこられなかったのかもしれませんね。配慮が足りず申し訳ありませんでした。次は一次会からご参加ください。
 また、さっそくですが、二月の頭の土曜日の夜に第二回目を開催予定です。詳細につきましては後ほどご連絡いたしますので、お友達をお誘いの上ご参加くださいませ。きっと予想しなかった化学反応的出会いがあると思います。
 その時までに、面白く、しかも実践的なプランを練り上げることをお約束いたします。まだまだ形定まらず、走り出したばかりの組織ですが、皆様どうか今後もあたたかい目でお見守りください。
 
 M社のMさん、代表幹事ご苦労様でした。本当に助かりました。
 Oさん、写真撮影、ご苦労さまでした。大変よく撮れておりました。
 Nさんのお友達のKさん、僕と普通にお話くださり、ありがとうございます(笑)。
 N大学のYくん、Yさん、Aさん、ライフストーリー事業に関する問題点につきましては必ず一週間以内に修正案を提示いたしますのでご期待ください。

 
 *ホームページの方に写真ページへのリンクを作っておきました。
  (パスワードは会場となった店の名前(ローマ字小文字)です)
posted by 発起人 at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
楽しかったですね。あの日飲んだお酒は、本当に美味しかった。また、美味しいお酒を飲めるように。本年もよろしくお願いします。
Posted by H出版A() at 2009年01月10日 00:34
Aさん
本当に楽しかったですね。
そのあと、いろいろご苦労されたでしょうけれども、今年もがんばりましょう!そして、楽しく飲みましょう!娯楽を超える文学について語りましょう!
Posted by 発起人 at 2009年01月10日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24224737

この記事へのトラックバック