2009年07月30日

REPORT 97 C=G/C→G率


 C=G/C→G率
 
 決して文字化けではございません。
 四月に起業してから悪戦苦闘し、試行錯誤し続けて、ようやく探し求めたビジネス公式がこれです。
 そば屋とかうなぎ屋とか焼き鳥屋でいえば「秘伝のたれ」の様なもの。
 ここにあえて公表するのは、この公式が正しいかどうか、今の段階ではわからず、それゆえにこれを読んでいる皆さんに、僕が成功するかどうか、リアルタイムの証人になっていただきたいからです。
 今現在の僕は、これで全て解決すると信じております。と、いうか、この公式に全てを賭けようとと考えております。
 八月に、今残っている全ての資金を投じて、まさに乾坤一擲の大勝負に出ようと決意したのでございます。
 
 いちかばちか。
 この公式が間違っていれば、完全撤退を余儀なくされる。
 しかし、この公式が間違っていなかったとすれば、ここから全てが始まることとなります。
 
 
 皆さんにおかれましては、あまり考えずに、ただ公式を思いついたと言っていたな、くらいにでも覚えておいていただければ結構です。また、万が一、この公式に興味を持たれた方は、連絡ください。この公式が正しかったと証明されたときに、ノウハウを公開いたします。
 公式とは数を代入しなければ意味をなしません。
 
 ここでは「C→G率」に0.25%を代入いたします。Co率およびG率を共に5%と最低レベルに設定しているために、その数値がはじき出されました。ちなみに「C→G率=Co率×G率」となります。
 とりあえず、公式に当てはめると、
 
 C=G/0.25%
 
 これをGを求める形に変えると
 
 G=C×0.25%
 
 となります。
 僕はここにおけるCの値をこれまた最低レベルの800と想定いたしました。
 それを代入するとこうなります。
 
 G=800×0.25%=800×0.0025=2
 
 ちなみに広告配信を依頼している会社のプロの担当者がはじき出したCの値は「1306」
 これを代入すると
 
 G=1306×0.25%=1306×0.0025=3.265
 
 実は、C→G率も本当に最低の値で計算しているので、実際は当初から0.5%は現実的にあり得ます。
 それを代入し直すとC=800の場合は
 
 G=800×0.5%=800×0.005=4
 
 またプロの数値を代入すると
 
 G=1306×0.5%=1306×0.005=6.53
 
 となります。
 つまり、Gの値は最低で2。そして妥当な数値は6.53。
 2〜6.53が僕が公式から弾き出した数値です。
 八月に大勝負に出ようと考えた根拠がこの数値にあります。
 結果が、この数値の範囲内であったならば、公式が正しかったと証明されます。
 証明されるのは、8月31日。
 
 ちなみに、Gとは「一ヶ月の成約件数」のことです。
 
 そして、最低レベルのC=800を得るために用意した資金が¥84,000
 平均CPC=¥105となります。
 この「平均CPC」という言葉で何のことを言っているのかわかった方も、あるいはおられるかも知れませんが、これ以上は機密中の機密のために、このブログでは公開いたしません。そして、実はここで全てを公開してしまうと、その時点でこの公式自体が崩壊してしまう恐れがあるのであります。ゆえに、興味のある方には、実際にお会いしたときにでもお話ししましょう。
 これは今僕がやろうとしていることを、わかりやすく数値化したものであり、おそらく今ビジネス界で最先端を行っている人たちは、これと似た公式を自ら編み出し、実践しているのだと思います。それだから、これに関してはまだ本にもなっていません。本になるのは、おそらく二年か三年後の話です。そのころには、この公式は価値を失ってしまっているはずです。なぜなら、本になることによって、この公式に後発者たちが殺到し、この公式の価値がなくなってしまうからです。そして、先駆者はまた新たな公式をみずから編みだし、味がなくなってきたら、後発者達に公開するというサイクルになっているのだと思います。
 後発者たちは先駆者達が食べていた、味のなくなったチューイングガムを噛むようなもの。
 後発者達が決して成功せずに、先駆者達が成功し続ける所以がここにあります。
 そして、後発者達は正々堂々の手段を失い、生きるために汚い手段を使わざるを得なくなる。
 おそらく、ビジネスの世界の根底には、こんな原理が働いているのでしょう。
 

 現在、午前4:18。
 朝から交渉があって出かける用があり、また午後からは広告会社担当者のとの打ち合わせがあり、また8月頭からの展開に間に合わせるために、再度数値の計算設定をしなければならないので、やはり、寝ている暇はないようです(笑)。
posted by 発起人 at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記