2009年05月21日

REPORT 71 夢見るタンク

 今日、遅めの昼食をとりつつ、再放送の『華麗なる一族』をテレビでぼんやり見ていました。
 で、思いがけず大泣きしてしまったわけです。
 ティッシュ一枚レベルの泣きと思いきや、二枚でも足りず、三枚目、鼻をかんでみるとなぜか鼻血までちょっと混じっていて、苦笑でございます。どんだけ興奮しているんだと(笑)。
 キムタクの鉄平が本当にかっこよく、その理想を掲げるところが痛々しく、父親をはじめとする弱い者軍団がつるむところが憎たらしく、それに対しても最後まで正々堂々とした鉄平が実にけなげで、まさにドラマとはああいうものなのだと改めて痛感いたしました。
 ネタバレになって恐縮ですが、鉄平さんは遺書においてこんなことを言っておりました。
「夢をみるということはもしかして弱いということかも知れないが、夢からくる情熱のみが新しい時代を切り開くことができるのだ」
 同感であります。まさにその通りだと思います。
 時に、理想とは青臭く、人によって煙たいものです。
 しかし、こいつ、あほか、と周囲が思うほどに唱えなければ、それはきっと実現しないのだと思います。
 夢に狂うほどでなければ、きっと事は成せないのでしょう。
 たとえば恋愛に傾倒するように、四六時中その夢について考えているということにならなければ、実現は難しい。
 朝起きて、今日は何ができるだろうかと考え、トイレに入り、こう動くべきだとうなり、朝飯を食べながら、さあ、やるぞ、と自分自身にはっぱをかけ、音楽を聞いて戦闘モードに切り替え、あとは遮二無二やるのみ!
 それを戦略的にやることができれば、申し分がない。
 昨日の失敗をぐじぐじと落胆する代わりに、顔を上げて今やるべき事を考えることができれば、おそらくその人は無条件で勝負に勝つ。
 失敗は誰にでもあります。その時にどういった見地にあるかということで、成功者とそうでない人が大きく二分されてしまうのではないでしょうか。
 すなわち、自己弁明、自己保身の理論武装に走り、からにこもってしまっては絶対に成功することはできない。
 自分の何が悪かったのかを客観的にとらえ、では次はどうすべきかを考えられる人こそが、結局は成功をつかむのだと思います。
 昨日の失敗を正当化する暇があるのなら、明日の成功を想像した方がいい。
 重要なのは、いいわけではなく、失敗を認め、常に未来に希望をつなぐということだと思います。
 そして、希望を持つ、夢を見るということは、言葉でいうのは簡単ですが、恐ろしいほどのエネルギーを要します。たとえ、フェラーリに乗っていたとしても、ガソリンタンクが1リットル分しかなければ、人生という名のレースに勝つことはできません。
 そう考えてみると、夢を持ち続けること自体が一種の才能なのかもしれません。
 消耗戦になったときに、あいつ、どんだけガソリン積んでるんだとライバルが呆れるほど夢を持ち続ける人が、結局最後には勝つのだと思います。
posted by 発起人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

REPORT 70 8月15日に生まれて

 ご存じのように、8月15日は終戦記念日であり、お盆であります。
 僕はこの日に生まれました。
 そして、フランス皇帝にまで上り詰めた、ナポレオン・ボナパルトも8月15日生まれでした。
 僕は小学校低学年の時分から歴史が好きで、学校の図書館で偉人伝などを読んで、一人で興奮しておりました。偉人伝と言っても、その当時読めたのはマンガシリーズでしたが。
 そこでナポレオンと誕生日が同じだということを知って、勝手に親近感を抱きました。
 本当は小説家を目指していたのだというところも、親近感を持つゆえんの一つです。
 彼は小説家になることを断念し、用兵という分野に進み、自分でも思わぬことにその分野で才能を花開かせます。
 あれ、おれ、こっちが向いてたんだね。
 どんどん軍功をあげて、出世をしていくうちに、おそらく田舎出のナポレオンはそんな風に思ったのではないでしょうか。
 自分では至極普通にやっているつもりだったが、知らぬ間に誰もがついて来ることができない境地に達していた。
 なんだかなー、と思ったかも知れません。
 そして、ナポレオンの決して芸術的ではなかった文才の方は、また意外な分野で力を発揮しました。それが、法律の分野でした。
 近代法の元になったとも言われる、いわゆる「ナポレオン法典」をつくったとき、ナポレオンは一度もつっかえることなく、とうとうと条文を作り上げたと言われています。もちろん、伝説でしょうが、それに近いことはあったと思われます。つまり、法的観念に間違いなく優れていた。ルールを作る達人だったとも言える。
 おれ、本当は小説とか、書きたかったんだけどな−。
 そうナポレオンは苦笑したかもしれません。
 ナポレオンは無敵の印象がありますが、常に勝っていたわけではありません。むしろ、要所要所の大切な場面で大負けしているんです。
 ロシア遠征もぼろ負けだったし、そして運命のワーテルローでも戦術的なミスで、イギリスのウエリントンに負けました。
 その時、ナポレオンが犯した戦術的なミスとは実に基本的なことだったのです。
 すなわち、戦力の分散が敗因だった。
 古今東西問わず、兵法の世界において、戦力の分散とは決してやってはならないことです。なぜなら、各個撃破の対象となってしまうからです。戦力はなるべく集中してこそ力を発揮します。
 
 そのことに、今日僕も気づきました。
 あれもこれもではなく、一つの方法について深度を深め、実走させてみる。
 深度を深めることによって、その分野において絶対的な自信を持つことができ、成功率が高められる。
 このブログも次第に商用の趣が強くなってくるために、企業秘密として何の分野の深度を深めるかはここで述べることはできないのですが、僕はある分野の攻略のため、本格的な研究に着手いたしました。
 準備を済ませた後は、とにかく実走させてデータを取らなければ何も始まりません。
 ミス・アンド・トライの実践でございます。
 仮説に基づき、戦略を立て、そして実走させて、何が悪かったかを検証し、さらなる仮説を立てる。
 そうやって繰り返すことでしか、新しい分野とは切り開くことはできないのかも知れません。
 何せ、新しいことをやるのだから、先達のピンポイントな成功談など存在するはずがないのですから。
 つまり、すべては自分でやってみなければならない。自分を信じるしかないということです。
 
 それにしても、このチャレンジできているということが楽しくて仕方がありません。
 自分の能力を極限まで試せるという喜びは、もしかして至上のものかも知れません。
 今日も気がつけば、朝から夜の十時までほぼノンストップでした。誰にやらせられていることでもないので、どこまでも追究できる。チャレンジできる。
 やはり、起業とは面白い。
 軌道に乗せることができたら、さらに楽しいだろうな、と想像するとやる気が満ちて参ります。
 
 皆さんも会社つくってみませんか、などと行政書士事務所的に宣伝などしつつ、今日こそは早く寝てやるぞと思っている次第でございます。
posted by 発起人 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記