2008年11月30日

REPORT 2 戦略的読書

 この一年、とにかく法律の勉強をしてきました。それまで小説ばかりの人生でしたので、法律的文章というものにはじめは全くなじめず、まるで外国語の勉強をしているような感覚でした。「AまたはB並びにC」、「AをBとみなす」、「但しCはこの限りではない」というような、ある一定のフォーマットに押し込められた文字列が法律的な文章で、小説はそれに比べるとはるかに自由度が高く、その分書くことによる感性の出露が容易になります。
 習慣とは実におそろしいもので、全くの素人であった僕も法律の勉強を3ヶ月も続けると、その文体が身に染み込んできました。その一方で小説的な文体は、僕の言語脳から着実にそぎ取られていきました。同時に、彩りを持って確かにあったはずの感性が、徐々に色味を失っていき、小説や映画ばかりではなく、音楽における感度までが確実に鈍くなっていったのです。今までなくてはならなかった、感性的な充足感に対しての欲求を、その当時の僕は失ってしまっていたのです。けれども、法律の勉強をする上でも、会社設立を考える上でも、感性のフェード・アウトは僕に有利に働きました。思春期よりそれまで永く煩わされてきた、諸々の煩悩に苦しむ必要がなくなったからです。ある意味での味わったことのない自由、いわば思考的な自由をその時の僕は確かに手に入れていました。これだけクリアな思考状態を保つことができたなら、なんだってできるとさえ思っていました。
 ところが、人生とはそううまくはいかないものです。法律の勉強が九ヶ月を超えた辺りから、恐るべき拒絶反応が起こり始めました。法律的な文体によって押し込められた、感性の氾濫が起きたのです。感性の水浸しにあって、今まで読むことで興奮さえ覚えていた条文が、途端に無味乾燥に思えて読むのもつらくなりました。音楽が急に胸に迫るようになり、感動的な映画を観て大泣きするようにもなりました。ですから、夏から試験本番までは、本当にだましだましの勉強で乗り切りました。
 そして、今の僕の言語脳は実に不安定でアンバランスな、カオスともいうべき状態にあるのだと思います。それを根本から整理しなおさなければなりません。そのために必要となるのが、戦略的読書です。まずは小林秀雄や谷崎潤一郎、ドストエフスキーなどの古典的な内容の文章を音読の速度で読み込んで、正しい文体と小説的なリズムを覚えなおさせる作業が必要となります。それを土台として現代の文学も読み、一方でビジネス書も読み、バランスを保つ。できれば12月中に、この言語脳のリハビリテーションを済ませてしまおうと思ってします。このブログもその一環ということになるでしょう。
posted by 発起人 at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年11月29日

ビジネス:『社長の器』佐山展生編 

 今日は久々に本格的にビジネス書に目を通しました。『面白いことをとことんやれば、起業は必ずうまくいく。』、『僕は本場のミステリーショッパー』、『ゼロから会社をつくる方法』、『Web経営学入門』と目を通して行ったのですけれども、特に参考になったのがこの一冊『社長の器』です。
 福助を再生させて一躍脚光を浴びた、藤巻ブラザーズの弟藤巻さんや、企業再生を請け負う頭脳を会社に送り込むという手法で成功しているリヴァンプなどの話はたしかにためにはなるのですが、社長というよりも重篤な患者に緊急オペを施す名医のイメージがあってどうも「社長の器」というタイトルにそぐわないような気がしました。一方、カンブリア宮殿や自著などで近頃注目を浴びている日本電産社長の永守重信さんの話には参考にすべき点が数多くありました。というより、もはや名言の宝庫です。
「経営者は野心を持たないといけない」
「就職難のときこそ、企業にとっては優秀な人材を得やすくなる絶好のチャンスだ」
「IQの個人差はせいぜい2倍程度だが、EQ(おもにやる気)の個人差は100倍にもなる」 
「偉くなってほしいと思っている女性が周りにいたほうがいい。早く帰って子供をお風呂に入れさせてほしい、と言っているお嫁さんをもらった人は、わざわざ経営者にならなくても十分幸せだ」
 最後の言葉などはずいぶん含蓄のある言葉と思います。経営者という特殊な地位にある人間はやはり「普通」ではない、または「普通」ではいられないのではないでしょうか。迅速かつ厳しい決断を常に迫られることになる経営者の立場を知り尽くしている永守さんならではの言葉です。ちなみに永守さんの奥さんは永守さんがl帰宅すると、「今日は日本電産の株価が下がってるけどどういうこと?」と聞くような方なのだそうです。永守さんが、そんな奥さんを大変気に入られている様子が行間から滲み出るように伝わってきます。
 また、永守さんだけではなく、本書に登場する多くの社長さん方、そして編集された佐山先生も共通して言っておられることが、次のことです。
「経営者に必要な資質は、胆力であり、ポジティブ思考であり、コミュニケーション能力を含めた人間力である」
 ここでいう胆力とは、本当に追い詰められたときに、どれだけ冷静でいられるか、ということ。周りにもいないでしょうか、普段はぼうっとしているように見えても、いざという時に肝が据わっている人。僕の周りにもその様な人がいます。以前、ある式典に一緒に参加した時のこと、その人はいつもは「いい感じで脱力」しているのに、全国ネットのカメラとマイクを向けられた場面や有名人と話をする場面には、背筋に一本何かが通ったようにしゃんとして一つも臆することなく堂々と振舞っていました。僕はその様子を側から見て唖然としていました。いつもと同じ人物だとは到底思えなかったのです。それから、その人に密かに敬意を抱くようにさえなりました。
 ポジティブ思考については最近ベストセラーになっている『竹中式勉強法』において、竹中さんが小泉元総理を引き合いに出して、こんなことを言っておられたのが印象的でした。
「前向きな人には、不思議な人間治癒エネルギーがあり、これを求めてまた前向きな人が寄ってくる」
 本書において編者の佐山先生も同じようなことを言っておられます。
「悪い人からは良い人は離れていき、悪い人たちが凝縮されたような集団が形成されます。良い人は悪い人を排除しますので、良い人たちが濃縮された集団が形成されます」
 それに加え、その集団が永守さんが言うところの「EQ(やる気)100倍」化すれば、もう怖いものはない。
 胆力を備えたすぐれたリーダーがいて、その元に良い人材が結集し、共通した意識の元で高い士気を保つ。そう言った企業こそが成功するのだと思います。
posted by 発起人 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書評

2008年11月27日

REPORT 1 2008.11.27

 すでに、鞄結档vライズエージェンシーは動き出しています。発起人である僕はまるで戦場の只中にいるような忙しさです。ですから、合間を見つけて書けるときに書くという形になると思います。のっけから言い訳がましくなってしまいますが、どうかご了承ください。
 さて、まず断っておかなければならないのは、現在の鞄結档vライズエージェンシーの法的立場についてです。設立登記が済むまでは「設立中の会社」ということになりますが、発起人が会社のために取得した権利や義務の多くは設立と同時に会社に帰属しますし、それ以外は発起人の責任となります。法的立場や登記設立など、やや堅苦しい言葉を使って恐縮ですが、要はちゃんとした会社として見てもらって構いません、ということです。責任を持って対応させていただくことをお約束いたします。
 11月9日に行政書士試験を受けてから(合格発表は1月26日)、本当にめまぐるしい日々を過ごしてきました。実はまだある小さな企業に勤めていて、そちらの方の通常業務もありますので、起業活動はそれ以外の時間に限られています。その中で、出版社の方と会ったり、とある大学の先生の授業に参加させていただいたり、ホームページを作ったり、このブログを始めたりと、思った以上に順調に事を進められたのは、おそらく僕がこの”起業”という活動が好きなんだからだと思います。そして何より、本当に多くの方々に応援していただいているからだと思います。あたたかい励ましの中で、好きなことに集中しているので時間を忘れてしまう。そんな恵まれた状況にあるんだと思います。
 12月になるとさらに忙しくなることはスケジュール帳を見るまでもなく確定的ですが、その中でまた数々の出会いがあることを期待しています。その出会いがこの会社を強くしてくれるはずです。人のつながりによって大きくなる会社が鞄結档vライズエージェンシーだと思っています。今僕を助けてくださっている皆様、そしてこれから出会うはずの皆様、これからもどうか鞄結档vライズエージェンシーと不肖な僕をあたたかく見守ってください。
 
posted by 発起人 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記